free site templates

パソコンのキーボードを、スラスラと早く打てるようになりたい


私がそう思ったのは小学生の時にアニメ、名探偵コナンの灰原哀ちゃんがスラスラとかっこよくキーボードを打っているシーンを見た時でした。
しかし、学校の授業以外パソコンを扱う機会が少なく、今もキーボードを打つスピードは遅いです…
そこで、今からでもキーボードを打つスピードを上げる方法はないか調べてきました。

母音を練習する

母音の「あいうえお」をまずは練習します。
ローマ字にすると「aiueo」ですね。

まずはこの5文字のキーの場所を覚えます。
ここでのポイントは、キーボードを見ずに打てるよにすることです。
そして、指は必ずホームポジションに置きましょう。

※ホームポジションとは、ローマ字の上に指を置く位置のことを言い、Fのキーに左手人差し指、Jのキーに右手人差し指を置き、そのまま手を自然にキーボードの上に置いた状態のことです。
Mobirise
子音を練習する

次に、子音の場所を確認します。
例えば、か行の場合は先ほど練習した「aiueo」の前に「k」を打てばいいだけですよね。
ですので次は子音のたった9箇所のキーの場所を覚えておけばいいのです。

母音を合わせても14箇所なので、簡単に覚えることができそうです。
さあ、かっこよくキーボードを打てるようになるまであと少しです。

タイピング練習サイトで練習してみる

ある程度できるようになったら、タイピング練習サイトで実戦してみましょう。

e-typing
自分のレベルに合った練習ができ、徐々にレベルアップしていけます。

P検無料タイピング練習
IT資格のP検の公式タイピング練習サイトです。
公式だけあって、文章が綺麗です。

タイプウェルFT
こちらは普段よく使う文章などを登録しておけるので、社会人の方などには効率よく練習ができます。

夜の森タイピング
敵を倒しながら進んでいくタイピングゲームなので、楽しみながら練習できます。

まとめ

この記事を書いたあとさっそく練習してみましたが、難しいと思っていたタイピングが、まさかこんな簡単にできるとは思っていませんでした。
パソコンを使う仕事をしている方にとっては、早くキーボードを打つことはとても強みになると思います。

使わない方も、趣味などで何か文章を作成する機会がある時に早く打てたらとても便利ですよね。
皆さんもぜひこの方法で練習してみてください♪

(文:はる夏)

SHARE THIS PAGE!

Mobirise

電子の妖精は微笑まない
Electronic fairy is a sad character.



© Copyright 2018 Jyuri - All Rights Reserved